ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に

4
「銭湯×DX」がもたらすのはどんな未来か 伝統産業のナレッジマネジメントのリアル
+32

「銭湯×DX」がもたらすのはどんな未来か 伝統産業のナレッジマネジメントのリアル

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第2回は、いち早くデジタル化を進めはじめた都内の人気銭湯、大崎の「金春湯」と高円寺の「小杉湯」の事例を紹介します。 銭湯は、日本の古き良き時代を象徴する産業のひとつ。従来は家族経営が主流だった銭湯業界ですが、近年では法人化や第三者承継など、新たな経営スタイルが誕生しています。今回紹介するふたつの銭湯では、これまで経営者

スキ
166
現場のナレッジがアイデアを生む! くら寿司がユニークな自社システムを開発できる理由
+14

現場のナレッジがアイデアを生む! くら寿司がユニークな自社システムを開発できる理由

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第1回は、抗菌寿司カバー「鮮度くん」や水流により食べたお皿を自動で洗い場まで運ぶ「水回収システム」など、独自のシステムによるサービスが印象的な「くら寿司株式会社」の事例を紹介します。 くら寿司のシステムの多くは、自社のテクノロジー開発部で生み出されており、その数は約30にものぼると言います。店舗の課題を本質的に解決する

スキ
30