PRAZNAマガジン

ナレッジでビジネスの最短ルートを目指すPRAZNA(プラズナ)のメディア。ナレッジに向き合う人や想いにフォーカスして、チーム作りや組織経営のヒントになる情報を発信します。

ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に

誰に言うわけでもない、当たり前に「知ってる」情報が、会社や組織の新しい価値を生み出すことがあります。ところが、個々が持つ知識やノウハウを集結・共有せずにビジネスチャンスを逃していることも多いのではないでしょうか。会社や組織の成長に欠かせない「ナレッジマネジメント」について、一緒に考えてみませんか?(運営:株式会社PRAZNA)

すべて見る
  • 9本

廃業寸前から人気旅館へ。負債10億を抱えた老舗旅館「陣屋」のピンチを救ったDX経営とナレッジマネジメント

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第8回は、旅館業としては異例のDX化を実現し、属人的な情報管理の組織から、ナレッジ共有によるフラットな情報公開組織へと変化した神奈川県・鶴巻温泉の老舗旅館『元湯陣屋』(以下、陣屋)の事例を紹介します。 創業100年を超える老舗旅館・陣屋ですが、2009年には借金10億円を抱え、半年後の倒産が見えている状況でした。その危

スキ
8

YAMAPが実践した、カオスなお客様対応から脱却するナレッジマネジメント

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第7回は、カスタマーサポートの業務改善に取り組んできた、株式会社ヤマップの事例を紹介します。 株式会社ヤマップは、電波が届かない場所でも現在地を確認できる登山地図アプリ「YAMAP」を提供しています。累計280万ダウンロードを突破し、利用者が増え続けているYAMAP。その大勢のユーザーを支えているのが、カスタマーサポー

スキ
11

情報発信力で注目を集めるベイジ。「ナレッジを言語化する」文化を根付かせた背景

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第6回は、社員の日報を公開する「ベイジの日報」や、ナレッジ共有サイト「knowledge/baigie(ナレッジ・ベイジ)」など、ナレッジの発信に積極的に取り組むWeb制作会社『株式会社ベイジ』の事例を紹介します。 日々の業務を通じて、社員それぞれに芽生える気付きや学び。ベイジでは、そうした発見を各社員たちが積極的にナ

スキ
51

JR東日本が遅延情報やナレッジをスムーズに共有できるワケとは?

株式会社PRAZNA(プラズナ)が、さまざまな企業のナレッジマネジメントやDXの取り組みを紹介するマガジン『ひとりの「知ってる」を、みんなの「知ってる」に』。第5回は、タブレット端末を活用して業務改善に取り組んできた、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の事例を紹介します。 JR東日本では、全社員にタブレット端末を配布。それぞれの職場の需要に合ったアプリを活用し、業務の一助として利用しています。なぜタブレット端末を導入しようと思ったのか、また大規模な導入により職場の環境はど

スキ
31